アフリカツインのプラグ交換

アフリカツインのプラグ
おもちゃ屋本舗二輪館で注文したNGKのイリジウムプラグが届いたので、早速交換してみました。
アフリカツインのタンク回りを外すのはこれが初めて。
ちょっと戸惑いながらもヘッドカバーが見えてきました。
予想に反して、プラグの脱着は面倒ではなく、すんなりと交換できました。
アフリカツインのプラグ
約38,000km走行したプラグはこんな感じ。
(もしかしたら、前のオーナーが1度は交換してるかもしれないけど)
この焼け具合はどうでしょうね?
右2本が前側シリンダー、左2本が後側のプラグです。
これで試しに高速を走ってみて、前と同じ症状が出るかどうか確認しないと。

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←ワンクリックお願いします <m(__)m>

アフリカツインのエアフィルターを交換

アフリカツイン用エアフィルター
アフリカツインのエアフィルターを交換しました。
右が37,900km走行後の純正フィルター(もしかしたら、前のオーナーが交換してるかもしれないけど)
左がK&Nのエアフィルター
この汚れ具合はどうなんでしょう?
XR400RもTT-R125LWEも湿式なので、正直なところ乾式はよく分からない・・・
パッと見た第一印象は「あんまり汚れてないな」って感じでしたが、見る人が見れば「ヤバイね、これ」って思うのかな?

お次はプラグです。

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←ワンクリックお願いします <m(__)m>

超久しぶりにランツァを動かした

ランツァ(DT230LANZA)
何ヶ月振りだろう?
いや何年何ヶ月振りだろう?
超久しぶりにランツァを動かした。
くまの家のオフロードバイクの中で一番出番が少ないマシンです。
乗る機会もほとんどないので売ってしまおうかと思い、ゴソゴソと引っ張り出してきた次第。
案の定、バッテリーは上がっていて、全くエンジンがかからない状態。
まずはキャブの掃除とタンクのガソリンを抜くことから始めた。
整備性の悪さに文句の独り言を連発しながら、何とか作業終了。
外装も綺麗にして、クルマのバッテリーにつないで、いざエンジンスタート!
かかりました〜!
結構回して乗っても調子の悪さはなく、まだまだイケる!!
これでバッテリーを交換すればオッケーだな。
20万円位で売りたいと思ってたのですが、まだまだ乗るか。
モタード仕様にするののいいかもね?

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←ワンクリックお願いします <m(__)m>

アフリカツインのプラグをイリジウムにしてみるか

エアフィルターをK&Nに交換したら、次はプラグだな。
もちろんイリジウムに。
NGKだとDPR8EIX-P、デンソーだとIX24Bらしい。
おもちゃ屋本舗二輪館でNGKのイリジウムが987円
自動車部品卸問屋 赤とんぼでデンソーのイリジウムパワーが1470円

デンソーは高いな!
アフリカツインはツインプラグだから、合計4本必要なんだよね・・・

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←ワンクリックお願いします <m(__)m>

アフリカツインのエアフィルターをK&Nに

アフリカツインの調子が悪い原因を探るため、まずはエアフィルターを交換してみようと思います。

実は、バイクを手に入れた当初からアフリカツイン用のK&Nリプレイスメントエアフィルターを持ってたのですが、何となく交換しないでいたんです。

いい機会なので、これを試してみます。
調子の悪さが改善されるのも期待したいけど、燃費も良くなるかな?

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←ワンクリックお願いします <m(__)m>

アフリカツイン(RD07)の調子がイマイチ

アフリカツイン(RD07)
アフリカツインの調子がイマイチです。
8月くらいから、ある条件で発生する症状です。
【条件】
100km/h巡航して、料金所手前などで速度を落とす。
【症状】
ガス欠状態と同じように吹けなくなり、そのままエンジンストール。
【その後】
少々時間を空けて、チョークを引くとエンジン始動。
しかし、少しの間は吹けが悪い。片肺(一発死んでる)状態にも似ている。

素人考えで思いつくのは、
・ガソリンが落ちにくくなっている
・プラグが死にかけている
・プラグコードなどの電装系に問題あり
・エアクリーナー
などなど。

ただの街乗りではこうならないので、原因は何なのでしょう?
分かる人いますか?

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←ワンクリックお願いします <m(__)m>

映画「スーパークロス」!!

その名も「スーパークロス」っていう映画が公開されてたんですね!

あらすじは以下の通り(goo映画より)

豪邸のプール掃除をしながら、給料をバイク改造に注ぎ込むカーライル兄弟。慎重派で堅実なライディングをする兄KCに対し、2歳年下の弟トリップは、天才肌で向こう見ずな走りを好むタイプ。亡き父が果たせなかった“スーパークロス”チャンピオンの夢を追いかける兄弟は、ようやくレース初参戦の日を迎える。惜しくも優勝は逃したものの、持ち前の才能を見事に発揮した2人は、プロチームからスカウトされる。だが最終的に招かれたのは、KC1人。兄弟の仲は悪化し、KCも喜びを味わったのは束の間、厳しい現実を突き付けられる。

寝ても醒めてもバイクしか頭になく、女の子にはちょっとオクテな兄弟の挫折と栄光を正面から描く。“スーパークロス”とは、スタジアムに複雑多岐なダートコースを設置し、より早く、より高く、よりCOOLなテクニックを競い合う究極のバイクレースだ。本作、このレースシーンのクオリティが異常に高い! リッキー・カーマイケル、リック・ジョンソンら本物のスターライダーが披露する華麗なビッグエアの数々は、文句ナシの大迫力。アクションのダイナミックさとスピードを活かす撮り方も最高だ。実は本作の監督は、モトクロス選手・スキーインストラクターの肩書きを持つ元スタントマン。『地獄の黙示録』『トゥルー・ライズ』など一流作の参加経験も豊富な彼は、アクションのツボを知り尽くしているのだ。兄弟役の2人は超イケメンだし、ドラマ部分もしっかり作られているので女性にもオススメ。かなり拾いモノの快作です。

シアターN渋谷で公開中。
早く近所でも公開されないかな!

映画「スーパークロス」の公式サイト
http://www.supercross.jp/

人気ブログランキング←ワンクリックお願いします 

TTR125LWE+YZ80LW問題なしかと思ったら・・・

TT-R125LWE+YZ80LW
日晃スポーツランドNS293で開催されたオフロードミーティング「泥人」にTT-R125LWE+YZ80LWを持ち込みました。
足回りの修正をしてもらってからは、モンキーオフロードランド日光に続いて2回目の走行です。
モンキーオフロードランド日光では全く問題ありませんでしたが、全く性格の違うコースの日晃スポーツランドNS293ではどうなのか、ちょっと楽しみでした。
アイドリング不調やオーバーフローと、走行前に何度もキャブをバラして、いざ出陣。
フリー走行では足回りの感触をつかむことに専念し、ジャンプもいけるし、着地も大丈夫。
ギャップの拾い方もノーマルの足回りとは雲泥の差!!
こりゃイケるって感じでした。

で、午後の模擬レース。
今回からミニモトクラス新設で、同じレベルのマシンと比べることができるので楽しみにしてたら、な〜んだか違う・・・
気合を入れて走ってみて初めて分かったんですが、コーナーとコーナーのつながりが悪すぎ(笑)
よく考えてみたら、YZ80LWの足回り入れたままで、スプロケを変えてなかったんですね・・・
TT-R125LWEの標準が54Tのところ、47Tが装着されてました(涙)
これじゃあ、今まで大丈夫だったところでも1速落とさないといけないわけだ・・・
早速スプロケ注文します!

人気ブログランキング ←ワンクリックお願いします