バイク買い取り比較査定サイト 競合を「偽装」

バイクの買い取り専門店「バイク王」を経営するアイケイコーポレーションが、実際は自社の複数のブランドを使っているにもかかわらず、他社と買い取り価格を比較できるとうたったウェブサイトを運営していたことが各種の報道などで明らかになった。サイトでは、「複数のバイク買取業者に一括見積り可能」などとうたっていたが、全てのブランドがアイケイコーポレーションのものだった。サイトは10年11月に閉鎖され、同社は11年1月3日付けで「再発防止の万全を期したい」などとするコメントを発表した。

http://www.j-cast.com/2011/01/04084801.html

アイケイコーポレーション(3377)は約2カ月ぶり安値 「バイク王、価格比較サイトで競争自演」報道を受けて顧客離れを警戒視

同社が手がけるバイク買い取り専門店「バイク王」が、他の業者とバイクの買い取り価格を競っているように装うインターネットの比較サイトがあったことがわかったと報じられたことがマイナス材料に。3日ぶりに急反落している。

サイト上の他業者は全てアイケイコーポの自社ブランドで、バイク王だけが査定し、顧客を誘導できる仕組みになっていたと伝わっており、企業イメージ悪化や顧客離れを警戒した売り圧力が強まっている。

東証2部のアイケイコーポレーション(3377)の株価は10時29分現在、1,240円安の22,400円。

http://mainichi.jp/life/money/kabu/nsj/news/20110104240398.html

バイク王、価格比較サイトで競争を自演

バイク買い取り専門店「バイク王」が、他の業者とバイクの買い取り価格を競っているように装うインターネットの比較サイトがあったことが分かった。サイト上の他業者はすべて、バイク王の経営会社「アイケイコーポレーション」(本社・東京都渋谷区、東証2部上場)の自社ブランド。バイク王だけが査定し、顧客を誘導できる仕組みになっていた。

 ネット上で様々な商品やサービスの価格などを比較できるサイトは近年、人気を集め、利用者数が増加している。比較サイトの信頼性が疑問視される事態となり、消費者庁は「事実と違うことが掲載されていたとすれば問題だ。景品表示法に抵触する可能性がある」としている。

 問題のバイク買い取りに関する比較サイトは二つあり、静岡県三島市のネットサービス会社が2006年3月から、東京都千代田区のサービス会社が昨年9月からそれぞれサイトを開設した。各サービス会社やサイトの内容によると、ネットの顧客は住所や氏名などをサイトに入力し、複数の買い取り業者を選んで価格査定を依頼。各業者から査定価格が連絡され、顧客は高値を付けた業者を選んで売却できる仕組みになっていたという。

 2サイトの開設時からバイク王など6業者が価格査定を始めたが、バイク王以外の5業者もすべて、アイケイ社が運営し、各業者の事務所はアイケイ社内に置かれていた。業者名は、アイケイ社が買収済みの会社名などが使われていた。サイト上、各業者が同一の運営であることはわからないようになっていた。

 アイケイ社によると、顧客がバイク王を含む複数の業者に査定依頼をしても、原則的にバイク王だけが査定価格を連絡。他の業者は連絡しないようにしていた。バイク王が査定を依頼されない場合だけ、他の業者名で査定していたという。

 各ネットサービス会社は、昨年11月に朝日新聞の問い合わせを受けた後、二つのサイトをそれぞれ閉鎖。「各査定業者が同じだとは知らなかったし、価格を一つしか出していないとは思わなかった」と説明している。

 アイケイ社は「広告サイトという認識だったが、チェック体制が不十分だった。誤解を受ける恐れがあると判断して閉鎖してもらった。他の業者名は我が社の別ブランドで、バイク王への統合を進めている。一般ユーザーに不信感を持たせたことは遺憾であり、残念です」としている。

 アイケイ社は1998年に設立され、06年に東証2部上場。10年8月期決算で、買い取りバイクの販売台数が約17万台で、連結ベースの売上高は約241億円。全国で計111店舗(10年8月現在)を展開している。

http://www.asahi.com/digital/internet/TKY201101020196.html

バイク王:査定偽装? 買い取り価格比較サイトで

バイク買い取り専門店「バイク王」が、複数の自社ブランド名を使い、他社と買い取り価格を比較できるかのようにうたったサイトで査定を受け付けていたことが3日までに分かった。

 他社とみられていたのは実は全てバイク王を経営する「アイケイコーポレーション」(東京)が所有するブランド。利用者は複数に申し込んでも、バイク王だけが査定する仕組みだった。

 同社の担当者は「かつて買収した会社のブランド名を使っていた。自社ブランドという説明をしっかりすべきだった」と説明。誤解を生じさせる恐れがあるとして昨年11月にサイトを閉鎖した。

 同社によると、06年と10年、ネットサービス会社に委託してバイクの買い取り価格を比較できるサイトをそれぞれ開設。サイト上には、バイク王を含む七つの会社が査定を受け付けているかのような内容を掲載していた。

 同社は98年に設立、06年に東証2部上場。10年8月期決算で、買い取って販売したバイクの台数は約17万台、売上高は連結ベースで約241億円。全国に計111店舗ある。

http://mainichi.jp/select/today/news/20110104k0000m040028000c.html

価格比較、実は自社だけ バイク王の買い取り査定

バイク買い取り専門店「バイク王」が、複数の自社ブランド名を使い、他社と買い取り価格を比較できるかのようにうたったサイトで査定を受け付けていたことが3日までに分かった。

 他社とみられていたのは実は全てバイク王を経営する「アイケイコーポレーション」(東京)が所有するブランド。利用者は複数に申し込んでも、バイク王だけが査定する仕組みだった。

 同社の担当者は、「かつて買収した会社のブランド名を使っていた。自社ブランドという説明をしっかりすべきだった」と説明。誤解を生じさせる恐れがあるとして昨年11月にサイトを閉鎖した。

 サイト上には、バイク王を含む計七つの会社が査定を受け付けているかのような内容を掲載していた。

http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011010301000312.html

「バイク王」のIKコーポ株急落、価格比較サイトで競争自演と報道

1月4日(ブルームバーグ):バイク買い取り専門店「バイク王」を運営するアイケイコーポレーションの株価が急落。ほかの業者とバイクの買い取り価格を競っているように装うインターネットの比較サイトがあったと、一部報道で伝えられた。顧客離れなどを懸念した売りが先行し、昨年末比8.5%安の2万1640円まで下落。午前9時33分現在、東証2部の下落率2位となっている。

  サイト上の他業者はすべてIKコーポの自社ブランドで、バイク王だけが査定し、顧客を誘導できる仕組みになっていたと、3日付の朝日新聞朝刊は報じた。IKコーポは報道に対して3日、再発防止に万全を期していくとのコメントを発表した。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=akyABzbaGLhk

「バイク王」査定比較サイト、実は競合業者なし

バイクの買い取り専門店「バイク王」を経営する「アイケイコーポレーション」(東京都渋谷区)が、複数の業者の査定価格を比較できるように見えるインターネット上の二つのサイトで、すべての業者を経営していたことがわかった。

 アイケイ社は3日、「査定価格を比べてもらう意図はなかったが、誤解を受けるおそれがあった」と釈明し、昨年11月にサイトを閉鎖したことを明らかにした。

 アイケイ社によると、両サイトにはいずれも「複数のバイク買取業者に一括見積り可能」などと表示され、利用者が名前や連絡先を入力し、バイクの種類、査定の希望業者などを選ぶと、査定価格が連絡される仕組みだった。バイク王を含む複数の業者に査定を依頼すると、バイク王だけが連絡。査定業者にバイク王が選ばれない場合は、選ばれた業者が連絡していたが、査定はいずれも同一の基準だったという。

 アイケイ社は取材に対し、「利用者に不信感を持たせたことは遺憾」としている。
(2011年1月4日08時02分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110103-OYT1T00767.htm