「11年間乗り続けたら」という記事が出てました

読売新聞に、ハイブリッド車とガソリン車、11年間乗った場合の費用総額を比較した記事が出てました。

いくらかかる? 乗用車の購入・維持費全体・・・11年間乗り続けたら

結果はハイブリッド車の方が40万円高いということなのですが、年間にすれば3万6000円の差なので大したことはないですね。
どっこいどっこいです。

ガソリン代を見てみると、

・ハイブリッド車 27万5000円
・ガソリン車 49万1071円

とハイブリッド車の方が安く、見方を変えればそれだけガソリンの消費量が少ない → 環境にやさしい・エコな乗り物ということになる。

ハイブリッド車は25km/リットルで試算していますが、250ccクラスのバイクなら実燃費で余裕で上回る数値ですね。
アフリカツインは20km/リットルいくかいかないかだけど、DR-Z400SMなら25km/リットル以上いきそう。
XR400RにFCR37装着してた時に、確か27km/リットルいった記憶が。

ホンダ研究所鈴木氏「二輪車のスペック重視の時代は終わった」

レスポンスより

ホンダは8日、同社が開発した二輪車用オートマチックシステムの発表会を開催した。本田技術研究所常務取締役・鈴木哲夫氏は、「二輪車業界はスペック重視の時代が終わり、いまは別の価値観が求められている。今回発表した技術がユーザーの役に立ち、喜ばれることを願っている」と話した。

ホンダ(本田技術工業株式会社)代表取締役社長・伊東孝紳氏は、二輪車市場の現状を紹介。日本と欧米での二輪車は嗜好品。走る楽しさや持つ喜びを味わえる、趣味性の高い製品が好まれている。一方、『カブ』のユーザーが多い新興国では、簡単に操作できる実用性の高い二輪車が求められていると語る。

今回発表されたオートマチックシステムはそれぞれ、これら2種類の二輪車用に開発された。発表されたのは大型スポーツ二輪車用のオートマチックシステム「デュアルクラッチ・トランスミッション」と、カブ系エンジンに採用可能な「CVマチック」の2種類。

これらのシステムは新技術ということもあり、出願特許件数はデュアルクラッチ・トランスミッションは100件で、CVマチックは14件。

ホンダ、二輪車用新型オートマチックシステムを2種類発表

レスポンスより

ホンダは8日、新開発した二輪車用オートマチックトランスミッション「デュアル クラッチ トランスミッション」と、「CVマチック」を発表した。

「デュアル クラッチトランスミッション」は、大型スポーツバイク用に開発されたオートマチックシステム。従来のエンジンとさほど変わらない本体サイズに、電子制御オートマチック機構を登載。変速モードは、一般走行用の「Dモード」と、スポーツ走行用の「Sモード」。その他にハンドルに取り付けられた小さなレバー(パドルシフト)で操作可能な、セミマニュアルモードも選択できる。

このシステムは、2010年に欧州と北米で発売される『VFR』に登載予定。日本国内での発売は、欧州と北米の後を予定している。

もう一方の「CVマチック」は、カブ系のエンジンに組み合わ可能な小型のオートマチックトランスミッションシステム。独自に開発した冷却機構により、ドライブベルトから発生した熱を本体外に効率よく逃がせる。

商品化は2010年。アセアン地域で発売する『カブ』に登載予定。