44444とダンロップD607

アフリカツイン ダンロップD607

ダンロップD607
結構もったかな?

先日、ゾロ目の44444kmを突破したアフリカツイン。
ポンコツの領域に入ってますね。
我が家のバイクはXR400RもランツァもTT-R125LWEもポンコツばかり・・・(笑)
で、アフリカツインのリアタイヤを見てみると、もうボチボチ交換時期です。
いつ交換したか忘れたので過去の記事を見てみると、何と2005年の8月!!
約4年弱使いました。
その時が33000kmだったようなので、約11000kmもったことになりますね。
こんなものなのか、D607?
フロントはまだ溝があるので交換したくありませんが、ちょっとヒビが入ってる。
さて、どうするか。
XR400RとかTT-R125LWEのオフロードタイヤ交換なら自分でやりますが、アフリカツインはどこでやってもらおうか?

関東ロードミニ第2戦見てきました

関東ロードミニ
XR100モタード

今日は関東ロードミニ第2戦見てきました。
仕事にあまり絡まず、ほぼ純粋にレース観戦は久し振りで、決勝は転倒あり、デッドヒートありでとても楽しかったです。
見てるとXR100モタードでも買って出たくなりましたよ!(買ってK3カップミニバイク4時間耐久もいいな)
そんなわけで、決勝の様子を撮った中からXR100モタードさんを選びました。
次の関東ロードミニ第3戦は7月のようなので、他の予定とぶつからなければ、また見に行こうと思います。
でも、今日のように天気がいいと、土手を走り回りたい気もしますね。
我が家の近所のバイク乗りの方が林道ツーリングで行く「あの坂」という急坂にもチャレンジしてみたいな。

原点回帰 やっぱオフロードだね!

TT-R125LWE
TT-R125LWコンビのI君が試乗中

ジャジャカップエンデューロが終わり・・・
子供が生まれたりで周囲もバイク遊びから遠ざかり・・・
そんな頃に始まったオフロードミーティング泥人(どろんちゅ)も自然消滅状態・・・
年1回のかぶと虫エンデューロ+ちょろちょろオフ遊びって感じだったのですが、

3月から利根川某所で遊んでます!

先日はTT-R125LWコンビで3時間弱。
近いので、サッと行って、サッと走って、サッと帰る。
程よく疲れて、程よく筋肉痛で調度イイですね。
おまけにダイエットにもなる!
モタードも面白いですが、原点回帰でやっぱオフロードです。

今回改めてTT-R125LWE+YZ80LWを試乗して、自分のノーマルTT-R125LWの足が貧弱なことにがっかりしたらしく、本気でYZ80LW(またはYZ85LW)の足回りを移植するようです。

K3ミーティング(走行会&レース)の内容

バイク走行会&レース「K3ミーティング」の案内が届きましたので、内容の一部を紹介。

第1戦 5月10日(日) エビサーキット・東コース 【〆切5月3日】
第2戦 7月19日(日) エビスサーキット・東コース 【〆切7月12日】
第3戦 9月13日(日) エビスサーキット・東コース 【〆切9月6日】

参加資格:運転免許所有者(サーキットライセンス不要)

【ライディングクラス(KR)】
初心者ライダー大歓迎!!
先導車付きのサーキット体験走行で、ツナギ無しでも参加可能。
排気量125cc以上のオンロードタイヤ装着車両
15分×4回
8000円(保険料、ピットクルー1名入場券込み)

【フリー走行クラス(K1)】
ミニバイク等、排気量125cc以下のオンロードタイヤ装着車両
ツナギ、ブーツ着用(レンタルツナギ有り)
20分×4回
13000円(保険料、ピットクルー1名入場券込み)

【フリー走行クラス(K2)】
排気量125cc以上のオンロードタイヤ装着車両
モタード仕様も走行可能
ツナギ、ブーツ着用(レンタルツナギ有り)
13000円(保険料、ピットクルー1名入場券込み)

【エンジョイレース】
フリー走行クラス(K2)に参加のライダーで希望者
シグナルスタートによるレース
予選タイムによるクラス分け
上記13000円に2000円(レース保険、計測料)加算

申し込み締め切りは開催日の7日前

お問い合わせは、モトスポーツK3:024-554-0819

ざっとこんな感じで、ライディングクラスは「125cc以上のオンロードタイヤ装着車」ということは、極端なことを言えば、ビッグスクーターやアメリカン、オフロードバイクでもOKというわけですね。

ミニバイク等の「フリー走行クラス(K1)」は、TT-R125LWEにトリッカーのタイヤを装着すればOKか!?
IRCのGP-210がまあまあグリップしそうで良いかも。
でも、125ccとは言え、どノーマルのTT-R125LWEと、125ccにボアアップしたエイプ100やXR100モタードではかなり速度差がありそうですね。

「フリー走行クラス(K2)」+「エンジョイレース」は、今までK3カップサンデーレースに参戦していたライダーならそのまま移行できますね。
また、筑波サーキットやツインリンクもてぎでのバイク走行会やレースに参加しているライダーでもきっと面白いはず!
あとは、那須モータースポーツランドや日光サーキット、ヒーローしのいサーキット、本庄サーキット、桶川スポーツランド、茂原ツインサーキット、サーキット秋ヶ瀬などなど、関東近郊のサーキットでバイクレースやバイク走行会で遊んでいる方々も、K3ミーティングでエビスサーキットを気軽に楽しめそうです。
高速道路も1000円だしね!

K3カップサンデーレース+バイク走行会=K3ミーティング(?)

DR-Z400SM
K3ミーティングはバイク走行会的なカラーが強いのかと思っていたら、昨年、2008年までのK3カップサンデーレース参加者の方々も楽しめるよう、「レース」の部分はしっかりと残すとのことです。
K3ミーティング=バイク走行会+模擬レース
というよりも
K3ミーティング=K3カップサンデーレース+バイク走行会
といった方が正解なのかもしれません。
K3カップサンデーレースで何年もバトルしていた方々はこれで安心ですね!
と同時に、「走行会」の部分では、エビスサーキット初心者やミニバイク4時間耐久レース参戦者、筑波サーキットを走っている方々でも楽しめそうです。
そうそう、「K3ミーティング」は東コースのみですが、K3カップミニバイク4時間耐久レースは正式に東コースとはアナウンスしていないと思うので、もしかしたら昨年までと同じ西コースかもしれません。