「酒気帯び」でも一発取り消しになるようです

政府は27日、飲酒運転など悪質運転への行政処分を厳格化することを柱とした道路交通法施行令の改正案を閣議決定した。今年6月1日から施行される。

 酒気帯び運転のうち、呼気1リットル中のアルコール濃度が0・25ミリ・グラム以上の場合、違反点数が13点から25点に引き上げられ、過去に違反歴がなくても1発で免許取り消しになる。同0・15ミリ・グラム以上0・25ミリ・グラム未満の場合は6点から13点に引き上げ、免許停止期間が現行の30日から90日に。飲酒によって正常な運転ができない「酒酔い運転」も25点から35点に引き上げられる。

 悪質な事故などで免許取り消しになった後、運転免許証の再取得が禁じられる欠格期間の上限も5年から10年に延長され、危険運転致死罪は8年、同致傷罪は被害者の負傷程度に応じて最長で7年になる。酒酔い運転による事故も、2〜5年から3〜7年に引き上げる。いずれもひき逃げが加われば最長の10年になる。

 また、末期がん患者らが自宅で最期を迎える「在宅ホスピス」で、医師が緊急往診に使う車を緊急車両に追加し、都道府県公安委員会の指定を受ければ赤信号の通過などが認められる。

読売新聞より

これで悪質なひき逃げがなくなるといいですね!

ここで疑問。
・呼気1リットル中のアルコール濃度が0・25ミリ・グラム(0.25mg)
・呼気1リットル中のアルコール濃度が0・15ミリ・グラム(0.15mg)
って、どれくらいの量を飲んで、どれくらいの時間が経過してこの数値になるんでしょうね?
その人の体質・体調にもよるでしょうが、例えば、350mlの缶ビール1本飲んで2時間経過すると0.15mgを下回るとか。
アバウトでいいから何か実験結果みたいなものがあるといいですね。

ホンダ「8耐」撤退 新車低迷受けて

Yahoo!ニュースより

ホンダが世界景気の悪化に伴う新車販売の低迷を受け、今年から世界最高峰の二輪車レース「モトGP」を除くすべての二輪車レースから撤退・縮小する方向で調整に入ったことが22日、分かった。国内最大規模を誇る「鈴鹿8時間耐久レース(8耐)」も含まれる。すでに開発・運営費の負担を理由に自動車レースの最高峰「F1世界選手権」からの撤退を発表しており、新たに二輪レースの大幅縮小を決めたことで、国内外の二輪メーカーにも大きな影響を与えそうだ。週明けにも発表する。

 ホンダはモータースポーツ活動全体について縮小させる方針で、平成21年のレース関連予算は前年比で半減させる意向。今回、大部分の二輪レースで「ワークス」と呼ばれるメーカー参戦チームを撤退させる。量産車ベースのレース用車両の供給や支援などは継続する方向だ。ホンダが活動を続けるモータースポーツはモトGPと、米国などで開催される「インディカー・シリーズ」など一部の四輪レースのみとなる見通し。

 ホンダはモトGP以外の二輪レースとして、8耐のほか、足を着かずに難コースを走り抜く「トライアルレース」、オフロードのコースを走る「モトクロス」など年間10以上のレースに参戦。モトGPを除く全二輪レースからの撤退を正式に決めれば、コスト削減効果は約30億円程度に上りそうだ。

 ホンダは昭和34年にモトGPに参戦以来、通算623勝をあげるなど歴史・実績ともF1を上回るとされる。モトGPまで撤退すれば、「商品開発や販売にも直接的な影響が出る」(関係者)ため継続する。

 自動車同様、二輪車も新車販売不振の影響を受けており、モトGPをめぐっては川崎重工業が参戦休止を発表している。

カワサキのモトGP撤退に続いて、ホンダが8耐久撤退・・・
4メーカーが揃わないのが残念であるととともに、バイク業界の危機感も感じますね。

環境性能の高い「リード」に新しいカラーリングを採用するとともに限定モデルを追加して発売


 

Hondaは、経済性と静粛性に優れ、都市部の通勤ユーザーからも高い支持を得ている110ccスクーター「リード」に新しいカラーリングを採用し、1月23日(金)に発売。さらに、高級感のある特別なスタイリングとした「リード・スペシャルカラー」は、2月12日(木)に台数限定で発売する。

<リード>

  リードには、鮮やかな2色の新しいカラーリングを採用し、合計5色の車体色を設定している。
・ブレイシングブルーメタリック(新色) ・アドバンスドオレンジメタリック(新色)
・パールシルキーホワイト ・ブラック
・ボスグレーメタリック

<リード・スペシャルカラー>
 特別なカラーリングを施したこの限定モデルには、車体色をシックで落ち着きのあるオニキスブルーメタリックとし、フロントロアカバーから足元のアンダーカバーにかけてクリーンシルバーメタリックをあしらったツートーンとしている。これにより、限定モデルならではのより質感の高い印象を与える。

 洗練されたスタイリッシュなデザインのリードは、使い勝手に優れた車体サイズとシート下には35Lの大容量収納スペースを装備するなど高い利便性に加え、市街地での移動にも力強くスムーズな走りを実現することから、2008年1月の発売以来、特に30代から40代を中心としたお客様に高い評価を得ている。

通称名 リード 車名・型式 ホンダ・EBJ-JF19 全長×全幅×全高(m) 1.835×0.665×1.125 軸距(m) 1.275 最低地上高(m) 0.105 シート高(m) 0.740 車両重量(kg) 114 乗車定員(人) 2 最小回転半径(m) 1.9 エンジン型式・種類 JF19E・水冷 4ストロークOHC単気筒 総排気量(cm3) 107 内径×行程(mm) 50.0×55.0 圧縮比 11.0 最高出力(kW[PS]/rpm) 6.6[9.0]/7,500 最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 9.3[0.95]/6,250 燃料消費率(km/L) 50.0(60km/h定地走行テスト値) 燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)> 始動方式 セルフ式 点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火 潤滑方式 圧送飛沫併用式 燃料タンク容量(L) 6.5 クラッチ形式 乾式多板シュー式 変速機形式 無段変速式(Vマチック) 変速比 1 速 2.590~0.880 減速比 1 次 2.500 2 次 3.769 キャスター(度)/トレール(mm) 26°30´/74 タイヤサイズ 前 90/90-12 44J 後 100/90-10 56J ブレーキ形式 前 油圧式ディスク 後 機械式リーディング・トレーリング 懸架方式 前 テレスコピック式 後 ユニットスイング式 フレーム形式 アンダーボーン

アプリリア SMV750ドルソデューロ発売

価格.com 新製品ニュースより

SMV750ドルソデューロ

アプリリアを取り扱うピアッジオグループジャパンは、ストリートスーパーモタードのSMV750ドルソデューロの発売を開始した。
このモデルは、スーパーモタード世界選手権で4度ものコンストラクターズタイトルを獲得したアプリリアSXVのノウハウやデータがフィードバックされたもので、スポーツライディングの楽しさが徹底して追求された完全新開発のマシンとなる。
搭載されるエンジンは750ccのV型2気筒。ライダーのスキルや好み、路面状況によってスポーツ、ツーリング、レインという3種類のマッピングが選べるため、どんなシチュエーションでもそのパワーを引き出せることが可能になっている。造形美に溢れるトレリスフレームはスチールとアルミが組み合わせられ、軽量で高い剛性。激しいスライド時にもバランスを保つことができるように設計されている。
●価格
119万8000円
●発売開始
2008年12月25日
●カラー
アプリリアブラック、シャインレッド
●主なスペック
全長 2210mm
全幅 905mm
全高 1185mm
軸間距離 1505mm
シート高 870mm
トレイル 108mm
キャスター角 26°
乾燥重量 196kg
燃料タンク容量 12リットル
エンジン型式 水冷4ストロークDOHC90°Vツイン
ボア×ストローク 92mm×56.4mm
総排気量 750cc
最高出力 90ps/8000pm
最大トルク 85Nm/4500rpm
タイヤ F:120/70ZR17 R:180/55ZR17

ガソリン、4年7か月ぶり110円割れ…下げ止まりの見通し

読売新聞より

石油情報センターが7日発表した全国のレギュラーガソリン平均店頭価格(5日時点、1リットルあたり)は、前回調査の昨年12月22日に比べ3・8円安い106・8円だった。

 平均店頭価格が110円を下回るのは2004年5月31日以来、約4年7か月ぶりだ。昨年8月4日時点の過去最高値(185・1円)から78・3円下がった。

 ハイオクガソリンは3・9円安い117・7円、軽油は3・3円安い102・7円、灯油(18リットルあたり)は45円安い1247円だった。

 都道府県別のガソリン平均店頭価格で最も安かったのは群馬で、102・7円だった。

 ガソリンはこれで、調査のなかった12月最終週を除いて21週連続で下落した。ただ、中東情勢の悪化などにより年明けから原油価格が急騰している。一部の石油元売り会社では来週以降のガソリン卸価格を引き上げる予定で、「下げ止まりは近い」(関係者)との見方が多い。

ちなみに、1月3日時点で、近所のガソリンスタンドでは、
レギュラー 91円
ハイオク 101円(たぶん)
でした。

JOG ZR・ジョグZR(SA39J)

リアスポイラー、リザーブタンク付きリアサスペンション採用のスポーティスクーター「ジョグ CE50ZR」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、50ccの水冷4ストローク・F.I.( フューエルインジェクション)エンジンを搭載し“スマート&クリーン”を調和させた原付1種スクーター、「ジョグCE50」シリーズについてスポーティな外観を備える「ジョグ CE50ZR」を追加設定し2009年1月15日より発売する。

 「ジョグ CE50ZR」は、《スポーツ&スタイリッシュ》をコンセプトに、走りの基本性能と環境性能、スポーティな外観を調和させた製品である。質感と充実した装備で人気の現行「ジョグ CE50D」をベースに、1)LEDハイマウントストップランプ採用リアスポイラー、2)リザーブタンク付きリアサスペンション(レッドスプリング)、3)専用デザイン文字盤メーターパネル、4)クリアレンズ採用フラッシャー&ブルーリフレクターヘッドライト、5)赤いステッチの専用シート、6)メタル調のマフラープロテクター、7)専用立体エンブレム、8)前輪レッドブレーキキャリパー、などを採用しスポーティな外観を志向するニーズに応える。なお本製品の製造はヤマハモーター台湾で行う。

ジョグ CE50ZR
型式/エンジン型式:JBH-SA39J/A312E

ヤマハ ニュースリリース

JOG ZR・ジョグZR(SA39J)
発売日:2009年1月15日
価格:189,000円(税込)
型式JBH-SA39J
エンジン型式:A312E

ヤマハ、250ccスクーター「マジェスティ」にニューカラー

マイコミジャーナルより

ヤマハ発動機は、250ccエンジンを搭載したスクーター「マジェスティ(YP250)」に、新色「レディッシュブラックメタリック2」(ブラックチェリー)を追加し、1月30日より発売する。価格は70万2,450円。

「マジェスティ」は独自のオートマチック機構「YCC-AT(ヤマハ・チップ・コントロールド・オートマチック・トランスミッション)」を採用したビッグスクーター。今回追加される「レディッシュブラックメタリック2」は、深みのあるブラックにパープル調色彩を織り込んだもので、ベージュのシートと合わせ、ボディパーツが滑らかにつながる高品質感とラグジュアリー感をさらに強調するカラーリングとした。これにより2009年モデルのカラーリング設定は全4色となった。

主な仕様は、全長2,175mm×全幅780mm×全高1,185mm、ホイールベース1,550mm、シート高700mm、車両重量188kg、水冷・4ストローク SOHC 単気筒エンジン、排気量249cm3(ボア×ストローク68.0×68.6mm)、最高出力14kW(19ps)/6,500rpm、最大トルク22Nm(2.2kgm)/5,000rpm、セルフ式スターター、タンク容量12L、タイヤサイズ:前110/90-13 M/C 55P、後140/70-12 65L、燃費38km/L(60km/h定地走行テスト値)。

ヤマハ ニュースリリース

バーホーベン 二輪部門第2ステージを制す、ダカールラリー【AFPBB News】

AFPBB Newsより

【1月5日 AFP】ダカールラリー2009(Dakar Rally 2009)二輪部門第2ステージ(サンタ・ロサからプエルト・マドリン、競争区間237キロメートル、総距離837キロメートル)。KTM(KTM)のフラン・バーホーベン(Frans Verhoeven、オランダ)は、2時間14分48秒でステージ優勝を飾り、合計タイムを5時間27分19秒とし総合2位に浮上した。

■二輪部門第2ステージ結果

1位:フラン・バーホーベン(オランダ)/KTM – 2時間14分48秒
2位:シリル・デプレ(Cyril Despres、フランス)/KTM – 2時間15分29秒
3位:ダビド・フルティーヌ(David Fretigne、フランス)/ヤマハ(Yamaha) – 2時間15分52秒
4位:ジョルディ・ビラドムス(Jordi Viladoms、スペイン)/KTM – 2時間16分21秒
5位:ジョナー・ストリート(Jonah Street、米国)/KTM – 2時間16分39秒
17位:マルク・コマ(Marc Coma、スペイン)/KTM – 2時間27分15秒

■二輪部総合順位(第2スーテジ終了)

1位:マルク・コマ(スペイン)/KTM – 5時間13分32秒
2位:フラン・バーホーベン(オランダ)/KTM – 5時間27分19秒
3位:ダビド・フルティーヌ(フランス)/ヤマハ – 5時間30分23秒
4位:Jacek Czachor(ポーランド)/KTM – 5時間31分13秒
5位:ジョナー・ストリート(米国)/KTM – 5時間35分18秒