「XR230」の環境性能を高めるとともにストライプデザインを変更し発売

Hondaは、軽量でコンパクトな車体に、空冷・4ストローク・単気筒223ccエンジンを搭載した軽二輪スポーツモデル「XR230」の環境性能を高めるとともに、タンクシュラウドのストライプデザインと前・後アルミ製リムのカラーリングを変更し2月22日(金)より発売する。

 このXR230は、キャブレターのセッティング変更によって、より適正な混合気の供給を可能にするとともに、排気ガスを浄化するキャタライザー(触媒装置)をエキゾーストパイプとマフラーにそれぞれ内蔵することで、平成18年国内二輪車排出ガス規制に適合させている。排出ガスのクリーン化に加え、燃費は従来モデルに比べ3.0km/Lの向上を図った43.0km/L(60km/h定地走行テスト値)を達成している。また、より低・中速域を重視した出力特性とすることで、市街地やオフロードなどにおいて力強い走りを実現している。
 車体色は、オフロードシーンで映えるエクストリームレッドと、林道などのトレッキングシーンで映えるロスホワイトの2色を設定。タンクシュラウドのストライプは、モトクロス競技専用車「CRFシリーズ」のイメージを踏襲し、躍動感にあふれたデザインとしている。また、前・後のアルミ製リムを高級感のあるゴールドカラーに変更しスタイリングを引き締めている。

 XR230は、2005年3月に発売以来、軽量でコンパクトな車体や足着き性に優れた805mmの低シート高に加え、粘り強い4ストローク・223cc単気筒エンジンを搭載するなどで、オンロードからオフロードまで軽快な走りを可能とし、初心者からベテランライダーまで幅広い層に好評を得ている軽二輪スポーツモデルである。

発売日:2008年2月22日
希望小売価格:492,450円
型式:JBK-MD36
エンジン型式:MD33E

Honda 「XR230」の環境性能を高めるとともにストライプデザインを変更し発売

BMW R1200GS 2008年2月12日発売

BMW R1200GS

R1200GSとR1200GSアドベンチャーの仕様を一部変更。今回の発売を記念し、それぞれ限定200台で、よりオフロード走破性を高めるためのオプションが標準で装備された発売記念モデルもラインナップ。
【発売記念モデルの装備】
・クロームエキゾースト
・エンデューロ用電子制御式サスペンション
・エンデューロ用オートマチックスタビリティコントロール
・オンボードコンピューター(GSの記念モデルのみ)
・パニアケースホルダー(アドベンチャーの記念モデルのみ)

下記のページを参考にしました。
価格.com – BMW「R1200GS」発売
BMW Motorrad Website
もともと「バイク欲」があまりないのですが、唯一欲しいバイクがこれ。
どちらかと言えば、ホンダを初めとした国産メーカーが好きですけど、R1200GSだけはちょっと違った感じがしてイイですね。
R1150GSでもいいな。

ワゴンR(CT21S)の燃費

久しぶりにワゴンR(CT21S)の燃費を計算。
ワゴンR(CT21S)、ターボ、マニュアルです。
燃費13km/L

1年以上前に16.1km/Lを記録してるので、これと比較するとかなり悪い。
タイヤの空気圧が落ちてたのと、マフラーを交換したのが影響してるのか?

来月には車検を控えているので、その時にオイル交換をして、ゾイルとかミリテック1などの添加剤を再度試してみようと思います。
ただ今90000km。
いつまで乗れることやら。

ホンダ CB1000SF(SC30)

CB1000SF(SC30)
CB1000SF(SC30)

CB1000SF(SC30)
発売日:1992年11月
価格:920,000円(税抜)
型式:SC30
エンジン型式:SC30E

==========

1987年 ホンダ CBR1000F(SC21)
1989年 ホンダ CBR1000F(SC24)
1992年 ホンダ CB1000SF(SC30)
1993年 ホンダ CBR1000F(SC31)・・・国内モデルとしても登場