第3回オンロードミーティング in ヒーローしのいサーキット 2007年4月29日

ゴールデンウィーク前半の2007年4月29日(日)、栃木県のヒーローしのいサーキットにて、プロスホンダ太田(群馬県)、カスタムショップリファイン(埼玉県)合同主催による第3回オンロードミーティングを開催しました。2006年7月30日に開催した第2回と同様好天に恵まれ、栃木県宇都宮市の気温で24度と4月としては高い気温となり、絶好の走行会日和にたくさんのライダーが集結しました。

今回も、初級クラス、ミニモトクラス、中級クラス、上級クラスの4クラスを設定。事前申し込みの段階でそれぞれの参加台数は、初級クラス 12台、ミニモトクラス 7台、中級クラス 24台、上級クラス、24台の合計約70台。当日エントリーを含めると約80台が集まり、走行会としては少なからず多からず、ちょうど良い台数となりました。クラス分けの基準などは開催概要を見ていただくとして、午前中のフリー走行から順を追ってご紹介します。

受付、ライダースミーティングが終わると早速フリー走行スタート。初級&ミニモトクラス、中級クラス、上級クラスの3クラスに分かれて走行するので、午前中で20分×3本走行可能。受付時に配布される計測器をバイクに取り付けておくと、随時タイムが計測され、ラップタイム表もその都度張り出されるので、自分がどれくらいのタイムなのか、どれくらいタイムが上がっているかが一目瞭然。一緒に参加した仲間との差も分かりやすいので、タイム計測を一度経験すると病みつきになるかも?しれないです。

お昼ゴハンは持参不要! コース内に隣接する食堂(管理棟?)にはカレーやラーメンなどのセットものが数種類あり、どれを注文してもよいシステムになっています。もちろん参加費に含まれているのでご安心を。今回は昼食を挟んでOGA氏によるエクストリームバイクショーを開催(ホームページ:Moto Extreme)。派手なパフォーマンスの連続で、参加者からは「うおぉ〜 うおぉ〜」という声が絶えず漏れていました。こういう風にバイクが操れると、より一層バイクライフが楽しくなりそうです。

より安全に楽しんでいただくために、中級クラスはタイムアタック形式、ある程度テクニックのある上級クラスは模擬レース形式で行いました。スーパースポーツ、ネイキッド、モタード、往年のレプリカなど、様々なジャンルのバイクが同一に走って楽しめるのが、このオンロードミーティングの一番の特徴でもあります。「参加してみようかな!」と思っている、そこのアナタ。詳しい車種については、別掲載のエントリー一覧を参考にしてください。

模擬レース終了後は記念撮影を行い、そして表彰式へ。各クラスの上位3名に賞品が渡され(この賞品が笑える内容で、参加者だけのお楽しみ)、第3回のオンロードミーティングも無事終了しました。オフロードミーティング泥人(どろんちゅ)と合わせ、定期開催していく予定ですので、HPのチェックはお忘れなく!! 参加者のみなさんお疲れさまでした。次回もたくさんのご参加をお待ちしております。

エルグランド(E50)も立派なトランポ

エルグランド(E50)+XR400Rモタード仕様

写真はエルグランド(E50)にXR400Rモタード仕様を積み込んだところ。
荷室サイズ
幅:107cm(タイヤハウス内側の間)
高さ:122cm(開口部)
奥行き:166cm(2列目シートを一番前までスライドさせた状態)
フルサイズならフロントを縮めた状態で、対角線に積んでピッタリ。
TTR-125LWEなどミニモトなら余裕で積めます。

XRV750アフリカツイン:エアカットバルブ入荷したものの・・・

XRV750アフリカツインのエアカットバルブが入荷した、と連絡がありました。
4月27日の予定だったので、一応予定通りですね。
しかし! しかし!!
キャブが2つなので、エアカットバルブも2個必要なのですが、1個しか入荷しなかったとのこと・・・
どうして同じ時期に注文して、2個同時に入荷しないのでしょうね??
不思議です。
ホンダさん、パーツ屋さん、頼みますよ・・・
ちなみに、入荷しなかったもう1個は5月9日入荷予定らしい。
これじゃあ、納車してもらえそうなのは5月中旬。
ほぼ2ヶ月預けることになりそうです。
これから消耗品交換を考えてるアフリカツインユーザーの皆さまへ、くれぐれもエアカットバルブには気をつけてください!

XRV750アフリカツイン:エアカットバルブのダイヤフラムは高い!!

XRV750アフリカツイン(RD07)のキャブレター、エアカットバルブのダイヤフラムですが、結局入荷予定は4月27日から変わらず。
「ご相談パーツ」(?)というのでしょうか。
本当に困ったものです。
国内のリリースでは1999年12月21日発売以降登場していないので、俗に言う「2000年モデル」が最後ということになりますね。
1993年4月12日、RD07にモデルチェンジして発売。
1996年2月23日発売モデルでマイナーチェンジ。
発売されていた期間が、だいたい7〜8年といったところでしょうか。
年間200台と過程すると1500台ほど。
これだけ少ないモデルだけに、パーツのストックもなくなっているというわけですね・・・。
ちなみに、エアカットバルブのダイヤフラムは8000円!!
2つ必要なので、これだけで16000円です。とほほ・・・

XRV750アフリカツイン:エアカットバルブのダイヤフラム 続報

XRV750アフリカツイン(RD07)のキャブレター、エアカットバルブのダイヤフラム(ダイアフラム)の続報です。

5月の入荷予定が少し早まり4月27日になりました。
ですが、1日でも早く入手したいので、パーツ情報ありましたら、よろしくお願いいたします。

それにしても、台数の少ないXRV750アフリカツインだけに、パーツの欠品もだいぶあるようですね・・・。

今後のためにも、パーツ取り車を購入しておいたほうがいいのかも、と今回のキャブの件で思いました。

XRV750アフリカツイン:エアカットバルブのダイヤフラムを探しています

XRV750アフリカツイン(RD07)

XRV750アフリカツイン(RD07)のキャブレターで、エアカットバルブのダイヤフラム(ダイアフラム)を探しています。

新品がベストですが、破損していなければ中古品でもかまいません。
スペアをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
または、中古のキャブを丸ごとお持ちの方はいらっしゃいませんか?

加えて、「このショップならパーツのストックがあるかも」とか、アフリカツインに強いショップなど、何か情報がありましたら教えて下さい。

4月30日から出掛ける予定なのですが、新品のダイヤフラムが5月にならないと入荷されないようで、とても困っています。

よろしくお願いいたします。<m(__)m>

くまの家 オフロードバイクのページ 管理人