三宅島で来年11月公道バイクレース【日刊スポーツ】

噴火災害からの復興の起爆剤にと東京都三宅村は2006年12月26日、来年11月、島内の公道でオートバイレースを実施すると発表した。村によると、国内で一般道を使用した同種レースは初めて。

レースは、阿古海岸をスタート・ゴール地点とし、島を周回する都道約30キロを使う。実施時期は11月9〜11日を予定し、10日はパレードや前夜祭を開催。レース本番は11日で、125cc以下のレース用バイクでタイムを競う。来年4月までに参加資格などを決める方針。

三宅島では昨年2月、噴火災害による全島避難が解除されたが、観光客数は避難前の5割程度。観光振興策としてレースを提案した石原慎太郎都知事は26日の会見で「日本のモーターサイクル界の名物になればいい。観客や島民に事故のないよう配慮したい」と述べた。

【日刊スポーツ】

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←大学生の頃、三宅島観光ホテルでバイトしてたので、三宅島のレース応援します!

第1回三宅島オートバイレース大会(仮称)の基本実施案が決定【バイクプラス】

2006年12月26日、第1回三宅島オートバイレース大会(仮称)の基本実施案が決定し、三宅島オートバイレース大会(仮称)について実行委員会から概要が発表された。

開催期間は平成19年11月9日(金)〜11日(日)、マン島TTレースさながらの、スーパーバイククラスによるエキシビジョンレースと、125cc以下クラスのタイムトライアル方式によるレースが開催される予定で、一般ライダーや、クラシックカーが参加するパレードイベントなども企画されている。

コースは三宅島の外周を反時計回りでほぼ1周するもので、全長30.4km、標高差約160m。スタートとゴールは阿古海岸沿いとなる予定。

このレースは、三宅島の災害復興及び産業・観光振興をさらに推進するためにおこなわれるもので、一般道路を使用した本格的なオートバイレースとしては日本初の試みとなる。

なお、この実施基本案をもとに、さらに具体的に検討し、今後平成19年4月を目処に大会の実施計画の取りまとめをおこなう。また、同時にNPO法人認証取得を目指すという。

【バイクプラス】

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←大学生の頃、三宅島観光ホテルでバイトしてたので、三宅島のレース応援します!

『観光の起爆剤に』島民期待 三宅島オートレース開催決定【東京新聞】

噴火災害後の復興策として、都などが準備を進めていた伊豆諸島・三宅島(三宅村)での公道オートバイレース開催が正式に決定したことで、地元の関係者からは十四日、「日本初の公道レースは画期的」「観光の起爆剤に」などと、期待の声があがった。

三宅島観光協会の上松幸男会長は「宿泊施設の問題など課題は多いが、観光の起爆剤として期待している。思い切ったことをやらないと。キャンピングカーの利用や公共施設の改装など対応を考えたい」と話す。

一方、三宅村復興政策室の木村王二室長は「警視庁などによる、交通規制関係の問題がクリアされていない現状では、本当に開催できるのか若干の心配はある。早く、計画の全体像が明らかになってほしい」と話す。

今年七月に実施された都と日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)メンバーらによる現地調査に参加した、元二輪の世界的レーサー・高橋国光さん(66)は「日本で初めて公道レースが実現するなんて画期的なこと。すごいニュースだ。島ぐるみで成功させてほしい」と語った。

都は来年十一月のレース開催に向け、来年度予算に「専門家による事前調査費」などに四千万円、コースとなる島周回都道の改修費として三億円を計上する。ガードレールの増強やマンホールの滑り止めなどを行う。

【東京新聞】

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←大学生の頃、三宅島観光ホテルでバイトしてたので、三宅島のレース応援します!

三宅島のオートバイレース、都が3億4千万円計上へ【朝日新聞】

東京都の石原慎太郎知事の提唱で、火山の噴火による災害の復興策として伊豆諸島・三宅島で公道オートバイレースを開くことが正式に決まり、都は13日、道路改修費などとして3億4000万円を投じる方針を決めた。運営する三宅村も、開催に必要な約3億円を負担する見込み。来年11月に実施される予定だが、今も火山ガスが噴出して航空路は再開しておらず、観光客誘致の起爆剤となるかどうかは未知数。

都は、専門家による検討経費などに4000万円、都道改修に3億円を07年度予算に計上。民家への衝突を防ぐガードレールを増強し、マンホールには滑り止めを施す。

05年2月に全島避難解除される直前、石原都知事が「島は起伏に富み、ライダーに魅力ある場所だ」とレースを提案。今年5月には平野祐康・三宅村長らと英領マン島を訪問。100年の歴史を持つレースを視察した。三宅村の人口は現在約2900人。

【朝日新聞】

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←大学生の頃、三宅島観光ホテルでバイトしてたので、三宅島のレース応援します!

三宅島で二輪レース、復興の起爆剤に【読売新聞】

噴火災害からの復興を目指す伊豆諸島の三宅島(東京都三宅村)で来年11月、島の周回道路を利用したオートバイレースが開催されることが決まった。

公道でのオートバイレースは国内初で、島民もボランティアで運営に参加。村では、英国・マン島のような「オートバイの島」と大々的にPRして、観光振興の目玉にしたいと期待している。

島内には、いまだに居住が禁止されている火山ガスの高濃度地区があるが、レース開催に問題はないという専門家の意見を得た。

コースは1周約30キロ。7月に調査走行した元プロレーサーらのアドバイスで、急カーブのガードレールに緩衝材を設けたり、集落区間の速度制限をしたりして、安全対策を徹底する。排気クラスや参加台数、レース距離は警視庁などと協議して決める。

レース開催日は練習走行なども含め週末の3日間。選手や大会関係者だけで1000人近くが島に滞在する見込みで、コース脇に有料観客席を設置することも検討している。主催は村の商工会などでつくる実行委員会。村は継続開催していく方針で、「復興の起爆剤になる」と期待する。

「三宅島レース」は石原慎太郎都知事の発案で、今年5月には平野祐康村長とともに世界最古の公道レースが開かれているマン島を視察した。

【読売新聞】

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←大学生の頃、三宅島観光ホテルでバイトしてたので、三宅島のレース応援します!

アフリカツイン ガス欠

もう、かれこれ1週間以上前の話ですが、アフリカツインをガス欠させました。
最寄りのスタンドまで約2kmの道のりを、寒空の中、汗だくで押しました。
こんなに汗をかいたのは、9月の「かぶと虫エンデューロ」のマーシャル、10月のオフロードミーティング「泥人」以来。
いやぁ〜辛かった。
ガソリンが空っぽとは言え、乾燥重量200kgオーバーですからね・・・

人気ブログランキング
人気ブログランキング
 ←「くまの家」にワンクリックお願いしますm(__)m